シンセキュア 製品情報 ご購入 会社概要 お問い合わせ

AutoDaily

USBKeeper

AntiPhishing

製品情報
必要なシステム
Q&A
ダウンロード
レポート

SecureVM


SecureVM for AntiPhishing 無料版ダウンロード

SecureVM for AntiPhishing をダウンロードする前に、以下の注意事項をよくお読みください。

ご利用いただく前に

■使用許諾書
本ソフトウエアは、下記条項にご同意いただいた場合にのみ ご使用いただけます。同意できない場合は本ソフトウェアを 使用することはできません。

SecureVM for AntiPhishing 無料版のサポートは提供しておりません。

■著作権
ソフトウェア製品は、著作権法及び国際著作権条約をはじめ、 その他の無体財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。 ソフトウェア製品は許諾されるもので、販売されるものではありません。

■使用条件
・本ソフトウエアの営利目的の譲渡を禁じます。
・本ソフトウエアに対する解析、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、修正等は一切禁止します。
・本ソフトウエアはアーカイブ内を変更しない限り、自由に再配布 できます。

■無保証
本ソフトウエアの導入によって生じたいかなる損害等ついて、著作権者は、一切の責任を負い兼ねます。

上記内容に同意いただいた場合、下記より SecureVM for AntiPhishing をダウンロードしご使用いただけます。

SecureVM for AntiPhishing セットアップ・プログラム

svmap671.exe 734,248 バイト


SecureVM for AntiPhishing セットアップのインストール

1.ダウンロードしたファイルを実行し、指示に従いインストールを行います。

2.SecureVM for AntiPhishing を実行します。
起動直後の画面

3.ランチャーに、ブラウザ及びメールソフトを登録します。
ご使用のブラウザ及びメールソフトは必ず SecureVM for AntiPhishing のランチャーへ登録し、ランチャーから実行してください。どちらか一方でも登録されていないと、監視からもれてしまう可能性があります。
ランチャーへの登録
4.ランチャーのアイコンボタンをクリックし、実行します。
SecureVM for AntiPhishing の接続先リストに、接続先が表示されれば、インストール完了です。


SecureVM for AntiPhishing アンインストール

1.SecureVM for AntiPhishingの右クリックから、[ツール]−[初期化]を選びます。
[ツール]−[初期化]

下記画面が表示されたら[初期化]ボタンをクリックしてください。

初期化

2.[コント−ルパネル]−[プログラムの追加と削除]から、SecureVM for AntiPhishing を削除します。

技術情報

J20007 HOWTO: [AntiPhishing] プログラムランチャの変更方法
J10022 INFO: [AntiPhishing] ドメイン名取得失敗となり、黄色いアイコンが表示される
J10023 INFO: [AntiPhishing] 企業や団体での使用や、価格に関して